品質管理 Quality Control品質管理 Quality Control

品質管理品質管理

製品品質の生い立ち(デザインから製造工程に至る過程で作られた品質)は、
その製品の一生を支配しますので、良い製品を作り出す事こそ品質管理の根本理念であると考えます。

徹底した品質管理

従来、私たちは”不良撲滅”をモットーに品質管理を推進してきましたが、
不良撲滅の根本は、”不良を発生させない”ことであり、
不良品の発生を工場内のあらゆる部門で予防するという原則こそが、品質管理の源です。

その為、工場内の整理整頓清掃、そして部材・生地の検品検反、商品の検針検品を徹底して行なっております。

■ IQC (incoming material QC)
部材の受け入れ検品

■ IPQC (inline production QC)
作業の区切り毎に部材と部材で組立てられた半製品を検品

■ FQC (final production QC)
半製品が組立てられ完成品となり製品の機能が発揮されるか、
また、仕様書に合致しているか、外観に汚れや傷がないか全数検品

■ OQC (outgoing QC)
ランダムに抜取り開梱して検品